トピックス

  • トピックス一覧

トピックス

[ 2018.04.11 ]
「全国高等学校野球選手権大会」入場券販売方法の変更と料金改定について

第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間/阪神甲子園球場)から、入場券の販売方法を変更し、料金を改定します。

混雑による事故やトラブルを防ぐため、これまで無料だった外野席は有料としました。

これまで自由席だったバックネット裏の座席を中央特別指定席とし、完全前売り・指定席とします。1・3塁特別自由席、アルプス席の入場券販売方法は変わりませんが、料金を引き上げます。

ここ数年は入場を待つお客様の列の混雑が深刻で、転倒事故などを防ぐための警備費用が増加しています。また、野球の普及・振興や選手育成、けが予防などについて協議している「高校野球200年構想」の事業費用を確保することが、料金引き上げの主な理由です。

中央特別指定席を設けるのは、お客様の来場時間帯を分散して混雑緩和を図るほかに、遠方のお客様が入場券を購入しやすくなり、列に並ぶ必要がなくなるなどの利便性向上も目的です。

全国高等学校野球選手権大会の入場料

(単位・円/子どもは4歳〜小学6年生)

新料金(100回大会)現行(99回大会)
中央特別指定席2,800円2,000円(自由席)
1・3塁特別自由席 大人2,000円1,500円
1・3塁特別自由席 子ども800円600円
アルプス席800円600円
外野自由席 大人500円-
外野自由席 子ども100円-
中央特別指定席 通し券44,800円(16日間)28,000円(14日間)
1・3塁特別自由席 通し券32,000円(16日間)21,000円(14日間)

入場券販売方法の概要は次の通りです。

中央特別指定席(バックネット裏)
  • 観戦希望の日付で購入する「単日券」、大会16日間すべてを観戦できる「通し券」の2種類を設けます。
  • いずれも完全前売り・指定席とし、混雑緩和のため、球場窓口では当日売りもしません。ただし、単日券については、空席がある場合の当日正午までなら、チケットぴあ、ローソンチケットのWEBサイトや、ローソン、セブン・イレブンの端末機を使い、店舗にて購入できます。
  • お客様が個別の座席番号を選ぶことはできませんが、単日券は5つのエリアから、通し券は10のエリアから、希望するエリアを選択できます。
  • 単日券5枚まで購入でき、横並びの席が取れなければ確認メッセージが出ます。WEBで申し込み後、店舗の端末機で発券される際、座席番号が記載されます。端末機を直接操作し、発券することもできます。
  • 通し券は、チケットぴあ、ローソンチケットのWEBサイトでの申し込みのみです。2連まで購入でき、大会期間中ずっと同一の席となります。第1日〜第16日の16枚に予備券を加えた計20枚が自宅などへ送られます。その際、座席番号が分かります。
  • 入場料金とは別に、WEBサイトでの申し込み・発券には所定の手数料が必要です。通し券は宅送料も別途かかります。
  • 従来通り、雨天中止などにより1試合も成立しなかった場合、単日券は購入店舗で払い戻しされます。「第○日」と表記される通し券は、試合日がずれるだけでその券は有効です。払い戻しはありません。
  • 発売開始は、通し券が6月下旬ごろ、単日券が7月中旬ごろの予定です。朝日新聞紙上やバーチャル高校野球、日本高等学校野球連盟のHPで6月中旬ごろ、発売開始日をお知らせします。
1・3塁特別自由席
  • 前売りは、単日券と通し券の2種類があります。前売りの単日券はチケットぴあ、ローソンチケットのWEBサイトや電話で申し込むか、ローソン、セブン・イレブンなどの端末機を直接操作し発券することもできます。通し券は従来通り、指定の店舗などで販売します。
  • 前売りはいずれも7月中旬ごろの発売開始を予定。発売枚数に限りがありますので、売り切れの場合は当日券を球場でお買い求めください。
アルプス席(自由席)
  • 従来通り、一般のお客様には当日券のみを球場で販売します。
外野自由席
  • 今夏から有料とし、当日券のみを球場で販売します。
サイトポリシーCopyright © Japan High School Baseball Faderation. All Rights Reserved.